こんな「龍」の焼き物は、どうでしょう。


今年の干支は、「龍」。

早い人だと昨年の春先から作り始め、
年末までコンスタントに作られています。

多いのは、石膏型に泥しょうを流し込んで作る「鋳込み」。

その他では、手びねりで「龍」を作られる方々も、
もちろんいらっしゃいます。

やはり干支ですから、皆さん様々な形でつくられますね。

で、今日こんな「龍」の焼き物を、見ました。



c0018051_2212475.jpg


掌サイズの「龍」です。

作家さんが作られた「龍」の置物がかわいかったので、
それを参考にして作ってみたとのこと。
(作家さんのお名前はご存じではなかった)

胴の部分が環っかの様になっていて、
ユーモラスな顔とともに、かわいさを出していますね。


焼き物は、試行錯誤して、いろいろ作ってみるのが、
結局はいいですね。
[PR]
by tano4sou | 2012-01-20 22:36 | 趣味のやきもの
<< 焼き物・陶芸の楽しみ方は、さまざま。 焼き物は、使ってナンボ、だね、... >>