こんな干支「龍」の置物は、アリ でしょうか。


以前、胴体を巻いたような干支「龍」の置物を紹介したことがありますが、
それとは雰囲気の違う「龍」の置物に、出会いました。

まだ焼成前で窯の上に置かれている状態なので、
全体の色味とか焼きあがりの感じとかは確認できないけど、
でも今の姿はこんな感じ。


c0018051_23194415.jpg










ちょっと白っぽいので、分かりづらいけど、コレ龍ですよ、龍。

お稲荷さんを縦半分にしたような形に、目とか耳とかひげとかをつけて
胴体の部分に模様とかを彫り込んでて、なかなか見ないスタイルですね。

オリジナリティを感じますよねぇ。


c0018051_2320829.jpg









左端にあるT字型の衝立みたいなもののうえに先ほどの「龍」を置くんだって。
これも、なかなかのアイディアだと思うよ。

ちょっと怖い、気味が悪いというマイナス感情をもつかもしれない
「龍」なんですけれども、焼きあがったらどんな感じになるのか、
とっても楽しみです。

またその時はアップしますね。
[PR]
by tano4sou | 2012-01-23 23:44 | 趣味のやきもの
<< 黒楽茶碗が化ける、かも。 磁器作家木村知子さんの個展開催。 >>