例の、干支「龍」の置物が、焼き上がりました。


先日1月23日に、この『やきもの見聞録』ブログに投稿した
干支「龍」の置物が、ついに焼き上がってきました。

その焼き上がったものが、これです。


c0018051_22483552.jpg














大きさは10cm弱ぐらいで、全体に髭とか耳とかを絵付けされてて、
ちっちゃいんだけど、ユーモラスでカワイイ。

こんな「龍」ってあんまし見ないし、オリジナリティに溢れてるからさぁ、
いいよねぇ、これ。

一番注目してほしいのは、全体を支えている台の部分。
足が描かれているんですよ。


c0018051_22484965.jpg













ねっ、描いてるでしょ。この写真だとわかりやすいよね。

台を作って、その上に本体を載せるって云うのが、ミソなんだよね。
ホント、アイディアだよね。

出来上がったのを見てしまえば、「あぁ~、なんだ!」とか
「なるほどねっ。」で終わってしまうけど、最初にこれを考えて
やるっていうことが、スバラシイ。


で、この「龍」は、他にも兄弟(?)がいたりします。


c0018051_23252728.jpg









ねぇ~、いろんな「龍」がいますよね。

ベースとなる部分は同じように作って、絵付けでいろいろ変えると、
面白いし、楽しい感じが溢れてるね。

ちょっと横顔も撮影してみました。


c0018051_2310012.jpg










すごく面白いから、この「龍」を作った本人に
「いっそのこと、12支全部作ってみて欲しいなぁ~」って云ったんだけど。

ちょっと無茶だったかなぁ?。
[PR]
by tano4sou | 2012-01-28 23:33 | 趣味のやきもの
<< こういう 灯り は、楽しい。 練込みのカケラが、こんな姿に。 >>