焼き物を飾るスペースがあると、迫力でますね。


陶芸をやっていると、作品が焼き上がってくるのって、ホント楽しいですよね。

それで食器や花器に使ったり、置物として使ったりと、これまた楽しいものです。

作品をどう見せるかと云うのも、その人のセンスが感じられたりして、
結構頭を使ったり、悩んだりするものですが、しかし置くところが決まってたら、
あれこれ考える必要はないですね。

今日お邪魔したお宅では、こんな感じで陳列されていました。

c0018051_20551158.jpg

c0018051_2101179.jpg


小さい小物からある程度大きいお皿まで、手びねりで作られている備前焼が並んでます。

とにかく、棚が大きくて立派です。ソファーに座ったら、ドォーンと目に入ってきます。

リビングのこの場所に合わせて作られたオーダーメイドの棚らしいですが、
これだけの棚があるというのは、スゴイですよね。

ここまでの大きさの棚は、中々できないでしょうけども、こういう陳列スペースがあったら、
陶芸をする人にとっては良いですよね。
[PR]
by tano4sou | 2012-02-07 22:21 | 趣味のやきもの
<< 陶芸の作品には、プロ・アマ関係... 焼き物とお花の融合‥‥ 「この... >>