今回の “龍” も、ちょっと、変わってますよ。



今年の干支は“龍”です。

この 『 <陶芸・焼き物応援ブログ>やきもの見聞録 』 でも今まで、
いくつか紹介してきました。

またまた、ちょっと変わった“龍”を、紹介します。


それは一般的に、石膏型で形取った“龍”に色付けしたモノではありませんので、
ビックリしないようにお願いしますね。

それでは早速、写真披露。



c0018051_2046698.jpg


どうでしたか?。ビックリしましたぁ?。
ね、これが“龍”ですよ。

ちょっと長けのある、鍋みたいなモノの上に跨って、
吠えているような姿勢を取っている“龍”。

金色の太くて長い髭も印象的だし、体の全身に赤や黄色や青などの原色が
色づけされているのも、インパクトがありますね。

造形も勇ましそうだし、力強そうだし、なんてったって迫力ありますわ。


こういうものをイメージして実際に作るのって、なかなかできないと思うんですけどもね、
作っちゃう人が居るんですよね。

今思えば、もうちょっと違う角度からの写真も取っておいたらよかったですね。
もっといろんな表情が見れてたかもしれないですもんね。

また、そのうち撮り直します。
[PR]
by tano4sou | 2012-02-21 20:54 | 趣味のやきもの
<< 真吉備窯さんで、「タタラ」の作... 禹兎窯・岡本暉生さん作の、ぐい呑み。 >>