螺旋状の花器って、どうなの?


ちょっと変わった花器です。
まだまだ成形中の段階ですけど、ちょっと見せていただきました。

あっ、確認しなかったんですけど、多分そうだと思いますよ。
真ん中は筒状になってましたから。

c0018051_23464917.jpg


この作品は見ての通り、螺旋状になっているのが、
一番の特徴ですね。

備前焼作家の山本出さんの作品に触発されて、作り始められたようです。


でもいざ作るとなると、どうしたって大変ですよね。

まず四角いタタラ状にして、4つの辺をすこし削っていって、
重ねていかないといけないし、その上、少しづつ回転させていって
ずらせないと、螺旋状になんないわけですからね。


磁器作家の方がこのような螺旋状の作品を作られていたのを、
拝見した事がありますが、陶土だとどこまでできるんでしょうかねぇ~。

磁器だとシャープなラインも出せるでしょうが、陶土だとヘタル恐れだって
ありますからね。

でも、とにかくチャレンジして、やってみることが大事ですよね。

そういう観点では、でき上がりが本当に楽しみです。
[PR]
by tano4sou | 2012-03-01 23:58 | 趣味のやきもの
<< 土の「灯篭」も、味わい深い。 「ノリタケの森」での三宅玄佑さ... >>