掻き落としの作品が、焼き上がりました。


以前こんな写真を載せました。

c0018051_23425731.jpg


化粧土を塗って掻き落としをしていたその時の焼成前の色々な作品が、
焼き上がってきました。

白化粧の上に透明釉を掛けただけなので、他の色釉薬みたいには
極端には変わっていないですけど、締まった感じですね。

お皿から鉢、茶碗までいくつか載せました。

c0018051_2342620.jpg

c0018051_23265854.jpg

c0018051_23272461.jpg

c0018051_23275475.jpg

c0018051_23281834.jpg


前にも書きましたが元々は谷川晃一さんの絵に触発されて、
作ってみようと思われたんですよね。

最初は、谷川さんの作品の雰囲気で描き始めたらしいですけど、
描き進むにつれて自分の感覚で描いていったと、おっしゃられてました。

描いている途中から、ホントに楽しくなってきたんですって。

上手に描けたりうまくできたりするに越した事はないですが、
まずは“楽しんで”することが、何より大切ですね。

時間も忘れて、没頭してやっていたら、 「人を惹きつける作品ができる」 と、
個人的には思ってます。
[PR]
by tano4sou | 2012-03-07 23:46 | 趣味のやきもの
<< ちょいブサイクなフクロウですが... 土でつくった、大玉。 >>