昨日のシーサー(?)に続く作品。


昨日のシーサー(?)に続いて、同じ陶芸クラブの作品紹介です。

まだ焼成前の作品ですが、シーサーだけではなくて、
他にもいっぱい作られていました。

昔の土器っぽい作品もありましたので、例のごとく、
何点か写真を撮らせてもらいました。

c0018051_1928632.jpg
c0018051_19282324.jpg
c0018051_19283631.jpg
c0018051_19541470.jpg


もうこういう作品は、あんまし説明はいらないですね。

細かい絵付けや装飾を施すといったものではないでしょうから、
見たまんま、感じたまんまでいいと思いますね。

メインはあくまで、 “ 造形 ” ですからね。


でも、この“ 造形 ”と云うのがね、大変ですよね。

技術とか技法は、訓練を重ねて習熟していけば
それなりのものになるでしょうけど、バランスというのは、
なかなか身に付きにくいだろうし。

かえって実力がはっきりしたりして。

だから、アマチュアの方に比べてプロの陶芸家さんたちは、
“ 造形 ”を大事にするのかもしれないですね。


さぁ、どんな焼き上がりになるのかな。

来月ぐらいには焼かれると思うので (勝手に想像してますが)
また撮れたらアップします。
[PR]
by tano4sou | 2012-03-12 19:58 | 趣味のやきもの
<< 春めいたお皿が咲きそうですよ。 こんなところに、シーサーがいました。 >>