安食潤さんの塩釉「盃」です。


先月中旬(2/15~21)に、安食ひろ・潤 親子展が
岡山で開かれていました。

その展覧会で購入していた盃が最近ようやく手元に届きました。

では、さっそく披露です。

c0018051_237539.jpg


まず、箱ですね。
ちょっと期待外れでした?

「そんなのいいから早く盃を見せろ!」って声が聞こえてきそうなので、
今度こそ、お披露目ですね。

c0018051_2316615.jpg
c0018051_23162259.jpg


どうです?どんな印象をもたれました?

箱に「塩釉」と書いてある盃で、所々にビードロっぽい
淡いグリーン色が覗いていますよね。

造形的には、口が大きく広く開きよじれた形となっています。


更に、盃の内側と底の写真も載せました。

c0018051_23164753.jpg
c0018051_2317376.jpg


当然、人によって好みは違うので、「良い悪い」「好き嫌い」は
それぞれ判断していただいたら良いと思いますが、個人的には、
数十点並んでいた中で、この盃が一番に目に留まっちゃったんですよね。

もちろん、満足してますよ。
[PR]
by tano4sou | 2012-03-20 23:17 | 展覧会見学・展覧会案内
<< 3羽のフクロウが、窯入れに備え... アレンジするだけでも、オリジナ... >>