「鬼」の登場。

「鬼」って聞くと、悪いもの、恐ろしいものの代名詞みたいな感じで、
捉えれられていますが、必ずしもそうではないんですよね。

強いもの、神に近い存在といったイメージで扱われることもあります。

皆さんは、「鬼」にどんなイメージをお持ちでしょうかね。

もし、こんな鬼がいたらどう思うでしょうか。

c0018051_071244.jpg


見たことはないけど、「鬼」らしいですか?。

ちょっと怖くて、ちょっといかついですか?。


頭に角があったり、大きな口や大きな目がついていたり、
かなりインパクトがありますよね。

更にちょっと上からのアングルで見ると、もっと迫力が出てきます。

その写真はこれです。

c0018051_2353045.jpg


ねっ、違いますでしょ。

かなり迫力が出てきましたよね。

鬼が好き、嫌いと云う事は人それぞれあるかもしれないので、
作りたくない人も当然いるかもしれませんよね。

でも、「鬼」作りは、図鑑で見て、と云う訳にはいかないので、
作り手のイメージ、想像力がモノをいう作品でもありますよね。

となると、結構、難しいのかもね。
[PR]
by tano4sou | 2012-03-24 23:57 | 趣味のやきもの
<< 「鬼」登場、パート2。 また一つ、陶芸雑誌が消えました。 >>