この時期にも、お雛様が活躍中。


雛祭りは今月の初めに終わっていますが、こんな時期にもかかわらず、
お雛様たちに会うことができました。

能書きはほっといて、早速、紹介といきましょう。

c0018051_2223376.jpg


陶芸雑誌ではあまり見ないようなお雛様でしたが、
なぜか、すぅっと目がいきました。

一部色の塗りムラとかはありますが、これはご愛嬌の範疇ということですよね。

それ以上に作品のオリジナリティーを感じましたから、
すごく、いい雰囲気ですよね。


また同じ工房で、もうひとつのお雛様を見かけました。

まだ素焼きの段階ですけどもね。

c0018051_2225663.jpg


ひとつの器・入れ物に入って、同居しているような感じで、
顔の表情もユーモラスだし、面白いですよねぇ~。

このアイデアが何と云っても、イイですね。


更に、こんなお雛様もカメラに収めてました。

c0018051_2235088.jpg
c0018051_2245011.jpg


こちらも先ほどのお雛様のような胴体一体タイプですけど、
またちょっと違うテイストですね。

球体から顔をちょこんと覗かせているというね、これも面白いアイデアですね。

よく、考えてるなぁと感心します。
[PR]
by tano4sou | 2012-03-27 22:16 | 趣味のやきもの
<< 素朴な蓋付き容器でした。 ダチョウの卵か、恐竜の卵か、は... >>