焼き物にもあった、舶来マグカップ。


下方に見えますマグカップを、ご覧ください。
いつもよく見ているマグカップとは、ちょっと違うんです。

日本では作られていない、カナダ・バンクーバー産。
昔風で云えば、“舶来品”という事ですね。

c0018051_2331543.jpg
c0018051_23311930.jpg
c0018051_233777.jpg


舶来品だからと云うんじゃないけども、やはりテイストが違いますよね。

カップの周囲を膨らませて、少しだけ出っ張った形はそうはないと思います。

取っ手のところも非常に独特。
釉薬の掛け方も珍しい感じもするしね。

やっぱ、外国の焼き物なんだなぁ~と。

でも、作ったのは日本人なんだって。
環境が変われば作風も変わるのかもしれないですね。


そして他にも、マスク(お面)も、お部屋に飾ってあったので、
見せてもらいました。

c0018051_23354234.jpg
c0018051_23363982.jpg


観光のお土産に、イタリアで買ったものらしいです。

これもどことなく「イタリアらしい!」って、勝手に思い込んだりしていますが、
面白い造形だし、楽しい色遣いですよね。

こういうのがささっーとできたら、愉しいのにねぇ~。

「ピカソ?」って突っ込まれる可能性大だね。
[PR]
by tano4sou | 2012-03-31 23:40 | 出会った作家作品
<< 花器・掛花入れ ‥‥ 三様。 石田充弘さんの個展案内です。 >>