勝彦さん作、お地蔵さん。


“勝彦さん”といえば、佐藤勝彦さんです。
この「やきもの見聞録」ブログでも、何回か登場していますよね。

で今回の作品はといえば、お地蔵さんです。

知り合いに「佐藤勝彦さんスゴイよね!」、「勝彦さんは良いよねぇ~」と、
しょっちゅう話してたら、どういうわけかこの焼き物を頂くことができたんですよね。

すっごいラッキーでした。

あの、佐藤勝彦さんの作品が手に入ったんですからねぇ~、有難い話ですよ。

では早速、お披露目といきましょう。

c0018051_2329592.jpg
c0018051_23291579.jpg
c0018051_23295355.jpg
c0018051_23294075.jpg



作りは、非常にシンプルですよね。

お顔はヘラみたいなもので、すぅーっと線を引いているだけ。
その引き方によってその表情はぐっと変わってくるので、不思議ですよね。

胴体の方も、カキベラか何かで太いスジを力を込めて、ひいています。

そのスジは、ダイナミックで、力強く、色合いも、粘土の色と織部っぽい色との
コントラストが効いています。

でも全体的には、あったかい癒される印象をあたえてくれますよね。
[PR]
by tano4sou | 2012-04-08 23:36 | 出会った作家作品
<< 春の風物詩と云えば、‥‥。 で... ホワイトハウス色いろ。 >>