庭先でお出迎え、灯籠の焼き物。


今日は、家の門を入ったら見えてくる、灯籠です。

陶芸をやっている皆さん、特に女性は“灯り”を、よく作られます。
秋とかになると、どこやかしこで作られてますよね。

室内で主に使われる“灯り”も、もちろん良いんですけど、
屋外に置かれる灯籠も、これまた良いんじゃないかなぁ~と
実は思ってるんですよ。

豆皿・小皿とともに、この灯籠も大変注目しています。

では早速今日の灯籠です。

c0018051_2350555.jpg
c0018051_2351451.jpg
c0018051_23511340.jpg


この灯籠も、一目見た時にもう、「おもしろいッ!」と、感じさせてくれましたよね。

一番上の頭部分と傘の部分と胴体は、それぞれ独立したものですけど、
頭と傘の部分は、なんか愛嬌あるよね。
色合いもなんかホンワカした感じもするしね。

これにロウソクなどを入れて、灯りをともしたら、雰囲気良いと思うよ。

でね、大きさもそんなに大きくなくて、こじんまりとしてるから、
庭とかに置いても馴染むはず。

このぐらいの大きさだから。

c0018051_23512789.jpg


庭先にひとつあってもいいんじゃない。
[PR]
by tano4sou | 2012-04-13 23:58 | 出会った作家作品
<< 拝見、安喰潤さんの盃。 焼き物・陶芸での禁句とは‥‥。 >>