石田充弘さんの個展で、新しい試みが‥‥。


石田充弘さんの『語る器』展の、続きネタです。

昨日のブログ記事で個展を見た感想を述べたり、個展会場内の写真を
掲載しました。

そこで何か気付きませんでしたか?

普通の個展なんかではあんまり見かけないと思うんですよね、これってね。

「なに、それ?」って、これですよこれ。


c0018051_2314662.jpg
c0018051_23141822.jpg


そうです、盛付け写真です。

焼き上がった器にプロの料理人が作った料理を盛りつけて、撮影したものです。

消費者は、その作品の雰囲気とかカラーに影響されて、なかなか
陶器の使うイメージが湧かないみたいです。

ですから、こういう料理を盛りつけた写真があるとイメージしやすいので、
購入する際には、助かりますよね。

料理まで作るって面倒くさいことですけど、これはとても良い企画だと思いますね。


では、料理を盛り付けた全ての写真を、どぉ~んと一挙に紹介しまぁ~す。

c0018051_23144241.jpg
c0018051_23145932.jpg
c0018051_2315114.jpg
c0018051_23162133.jpg
c0018051_23163291.jpg
c0018051_2316445.jpg
c0018051_23165682.jpg
c0018051_231684.jpg

c0018051_23172242.jpg


石田さんには、来場された方々の反応をお聞きしました。

すると、「写真のような料理はできない」というような反応が多かったみたい、と
お仰っていました。

今度は、料理の写真に引っ張られすぎたのかもしれません。

でも、全ての作品に付けてたわけではないので、個展としてのアクセントには
なっていたのではないでしょうか。


何より、こういう 新しい展示や見せ方の個展をされることが、実に素晴らしいです。
焼き物と同じで、新しい試みを行うことに、価値がありますよね。

会期もあと残り2日です。
是非行かれることをおススメしますね。
[PR]
by tano4sou | 2012-04-16 23:35 | 展覧会見学・展覧会案内
<< お皿と小鉢とお雛様と。 石田充弘さんの「語る器」展に、... >>