まもなく、兜 参上。


来月、5月5日は“こどもの日”、そして端午の節句です。

端午の節句では、鎧兜は子どもに災いがふりかからず、無事に逞しく
成長するようにとの願いを込めて兜などが飾られます。

そもそも、この時期は急に暑くなったりと、昔から病気にかかりやすく、
亡くなる人が多かった。

5月は『毒月』と呼ばれるくらい、季節の変わり目でもあったようですね。

そのため、病気や災厄をさけるための行事が昔から行われていて、
子供の成長を願うと云うこととも、結び付いたようです。

とまぁ端午の節句に関する、能書きはほどほどにして、早速、
作品のお披露目といきましょう。

c0018051_21303912.jpg

もちろんこの兜も、お孫さんの成長を願って作られたものですね。

兜は、雛祭りのお雛様ほどは皆さん作られませんが、こうしてでき上がった兜を
拝見すると、やはり迫力あります。

V字型の鍬形なんかは、その最たるものです。

c0018051_2131836.jpg

色合いもシックな落ち着いた色合いですし、
重厚さをも出してますよね。

後ろの方も、インパクトありますよ。
力強いです。

c0018051_21314598.jpg


これだけ立派な兜を作ってもらったら、
きっとお孫さんもすくすく成長されることでしょうね。
[PR]
by tano4sou | 2012-04-21 21:36 | 趣味のやきもの
<< 花入れと陶板が、出迎えてくれて... 編目模様は、集中力が肝心。 >>