倉敷天満屋「慶世良・けせら・QUE SERA」展、始まってます。


昨日、倉敷天満屋で開催されている「慶世良・けせら・QUE SERA展」に、
行ってきました。

今回は、金重有邦さん、隠崎隆一さんとのコラボ企画。

今年2月に行った岡山天満屋での「安食ひろ・潤二人展」に続いての
展覧会訪問です。

訪問した際にDMをいただいたので、アップします。

c0018051_2150874.jpg
c0018051_215026100.jpg
c0018051_2150345.jpg


安食ひろさんは、この2月の個展で拝見させていただいたし、昨年工房にも
お邪魔させていただいてたので、作品のテイストは知っていました。

また隠崎隆一さんの作品も見たことはありますし、私が絶賛してやまない
『盛り付け秘伝』等の書籍などでも見ていたので、感覚は分かっていました。

ですが、金重有邦さんだけは、実物も見たことがなくて、今回初めて拝見する
という有様で、全くもって私の勉強不足で、お恥ずかしい限りです。


以上のような認識で会場に行ったんですけども、拝見した感想としては、
とても良かったです。

三者三様の表情をみせてるやきものですが、どの焼き物も無駄を削ぎ落としたような、
スタイリッシュな作品に見えました。

新緑が映えるこの季節のように、心の中にすぅっと爽やかな風が吹いたような
印象を受けました。

時間をやりくりしてちょっと無理して行ったんですけども、ホント気分爽快。

なかなかこんな感情を抱ける展覧会も珍しいです。
無理して行って良かったなぁとつくづく思いますね。


倉敷天満屋開店5周年記念
「慶世良・けせら・QUE SERA展」は、
5月3日(木・祝)まで、開催されています。


倉敷天満屋のサイトも掲載しておきますので、時間があれば
是非行かれてみてはいかがでしょう。

倉敷天満屋
http://www.tenmaya.co.jp/kurashiki/art.html


ただ、残念なことは、伺った時間がお昼時だったので、
安食ひろさんに会えなかったことですね。

30分ずらしてれば、会えたのに‥‥。
[PR]
by tano4sou | 2012-04-28 22:07 | 展覧会見学・展覧会案内
<< たかが「爪楊枝入れ」と、言うなかれ。 シーサーと目が合いました。 >>