「灯り」っぽくない、「灯り」。


秋口になると皆さん、特に女性の方々がよく作られる灯り。

一般的には、円錐形とか筒形を逆様にした(ひっくりかえした)ような形に、
孔を開けたり、切れ込みを入れたりして、灯りを作られます。

でも、この灯りはちょっと違うんです。

全くの逆の発想で作られてます。

こういう灯りです。

c0018051_21183450.jpg
c0018051_211845100.jpg

どうですか、これだけいろんなところに孔が開いてる灯りって、
なかなか見ないですよ。

てっぺんが空いてるし、三角の切れ込みもいっぱいあるし。

それに装飾も、灯りの周囲に紐をぐるっと廻してますよね。

c0018051_21191247.jpg

なんでね、この灯りを一言で云っちゃえば、「面白い!」。
それに尽きるよね。

灯りを点けてなくても、サマになるんだから。

とにかく、灯りっぽくないところが、断然イイ。



c0018051_2122247.jpg

[PR]
by tano4sou | 2012-04-30 21:24 | 趣味のやきもの
<< 浮世絵だって、焼き物にも影響を... たかが「爪楊枝入れ」と、言うなかれ。 >>