ついに、鈴木五郎さんも登場。本人じゃないです、作品が ですが‥。



陶芸や焼き物の愉しさをお伝えすることを目的としている「やきもの見聞録」
ですが、とうとう、陶芸界のビッグネーム登場となりました。

ロス織部や陶の椅子などで皆さんご存じの、鈴木五郎さんです。


私自身が今までお目にかかってなかったというだけで、鈴木五郎さんの作品を
もってられる方は、当然、各地にいらっしゃいますよね。

で、今日お目にかかれたんですよ。

いざ拝見させていただけるとなると、かなり興奮しましたね。
ホント、有難かったです。

その作品は、志野のぐい呑み、です。


c0018051_22121660.jpg
c0018051_2212335.jpg
c0018051_22124012.jpg
c0018051_22124627.jpg


単調でも奇抜でもなく、じんわりと沁みてくるようなスタイル。
ぐい呑みの形というかフォルムが、何とも云えないですね。

それから、高台。

この高台が特筆ものです。こんな高台見たことないですよ。
でも、五郎さんのこのぐい呑みだったらは、これもありかなと思えますね。

他にも、長石の溶け具合といい、縮れ具合といいね、このぐい呑みは、
五郎さんワールド全開ですね。


いやぁ~本当に良いものを見させてもらいました。

しかし、あるとこにはあるんですね、こんなお宝がねぇ~。


c0018051_2201234.jpg

[PR]
by tano4sou | 2012-05-14 22:13 | 出会った作家作品
<< 花器三昧の後は‥‥。 絵画・染... 花器・花器・花入れ 花器三昧。 >>