花器三昧の後は‥‥。 絵画・染織そして 陶。


一昨日、花器三昧の記事を載せました。
で今日は、その続きを載せようと思っています。

あれだけの花器を作られてるんで、陶芸にどっぷりハマって
られるのかと思いきや、いやいや陶芸だけじゃないんですね。

後で作品を見ていただきますが、絵画に染織にと、多方面で
活躍されてます。

しかし、あんなにいろんな事をやっちゃうというのは、ある意味スゴイ、
エネルギーですよね。

才能がある方は何でもやっちゃうんですよね。

陶芸は「統合芸術」と云われるくらいですので、返っていい影響を
及ぼしてるんでしょうね。

きっと、そうに違いない。

c0018051_21444022.jpg
c0018051_2145192.jpg
c0018051_21511090.jpg
c0018051_21512140.jpg


額に、軸に、タペストリーにと様々な形で表現されてます。

染める時期は「この時にやらないときれいに色がつかない!」とか、
材料も京都まで買いに行かれると、お聞きしました。

やはりイイものを作るには、こだわりがありますよね。

c0018051_2213160.jpg
c0018051_21591384.jpg

絵もいろいろ種類があるんですよね。
実際に、何とか何とか仰られてたけど、スイマセン、忘れました。

だけどこれだけの絵も描いちゃうなんてねぇ、信じられないなぁ。
陶芸と同様に絵も面白いですもんね。

だから云ったでしょ、何でもやっちゃうんだからって。


最後に、陶の人形と花器を載せておきます。

c0018051_2158865.jpg
c0018051_2158238.jpg

[PR]
by tano4sou | 2012-05-15 22:02 | 趣味のやきもの
<< 陶芸に、失敗はつきもの。 ついに、鈴木五郎さんも登場。本... >>