さぁ、お待ちかね。茶碗のネタばらし。


c0018051_2338728.jpg

先日、この器の写真を見せて、「どうやって焼いているでしょう?」と、
質問を投げかけました。

初めてみた方には、難しかったかもしれませんね。

私も個人的に聞いてみましたが、何人かはちゃんとお答えになられた程度
でしたから、想像しにくかったと思います。


では、何かというとですね、それは、 「塩釉」 の焼き物なんです。

いただいた栞に書いてある説明文を抜粋すると、
「塩釉とは、作品を釉薬を掛けずに焼きしめ、炉内温度が
1200~1300度に達した窯の中に塩を投入し釉薬を施すものです。
揮発した食塩中のソーダと土に含まれる金属とが作用し、
様々な色合いに発色します。
また、塩を投入する温度や塩の掛かり具合によっても、色調は変わってきます。」

と書かれてあります。

写真の茶碗の釉調も塩の為せる技だったんですね。


また、茶碗以外の写真も、撮らせていただいてますので、紹介します。

以前にもブログで断りましたが、写真撮影は作家さんに全てお伺いを立てた上で、
撮らせていただいています。
あくまで、その作家さんの、好意によってはじめて成り立っています。

撮影する時は、お伺いを立ててから行うように気をつけましょう。


ではでは、「早く見せろぉ~!」って声が聞こえてきそうなくらい、
大変お待たせしました。
これからの作品(皿とか鉢)もすべて、塩釉によるものです。

c0018051_23174927.jpg
c0018051_2318140.jpg
c0018051_2318937.jpg
c0018051_23181635.jpg


上記以外にも壺とか長方形皿とか、形状の変わったものもあります。
こちらです。

c0018051_23184173.jpg
c0018051_2318504.jpg
c0018051_23185784.jpg


塩釉というのは、いろんな表情を見せてくれる焼き物のようですね。
結構、奥が深そうですよ、コレは。

もっと他の作品も見たくなったし、なんか面白くなったきましたね。
[PR]
by tano4sou | 2012-05-28 23:47 | 出会った作家作品
<< 「さぁ、お待ちかね。茶碗のネタ... 生徒さんたちの作品が、窯から出... >>