7月初めまで。「柳宗悦展」開催中。


ただいま「柳宗悦展」が開催されています。
先日分かったことなんで、急いで案内してます。

c0018051_23103380.jpg

場所は、広島県三次市の「奥田元宋・小由女美術館」。
中国自動車道の三次インターから車で3分くらいの場所。
会期は、7月8日(日)まで開催中。
開館時間は、am9:30 ~ pm17:00 まで。
但し、7月4日(水)は、閉館時間を pm21:00 まで延長。



民芸運動を推進した「柳宗悦」が見出した各地の工芸品ゃ、共に民芸運動を
担った河井寛次郎、濱田庄司や棟方志功の作品など、約350点を一堂に
展観しているそうです。

民芸好きの方、或いは興味のある方は観に行かれてはいかがでしょう。

詳しくは、美術館のサイトでご確認ください。
http://genso-sayume.jp/index.html


「奥田元宋・小由女美術館」には、以前一度、「川喜田半泥子展」を
観に行ったことがあるんです。

生の半泥子の作品を観るのは初めてだったので、とても感動した事を
覚えています。

そしてその時にこの美術館では、ロビーから夜空の月を鑑賞できる
という案内が、あったんですね。
満月の夜は夜21時まで開館してて、見学することができるというもの。

先ほども書きましたが、それが 7月4日(水) なんです。

その日に訪れることができる方は、池の水面に映る月を見ることができますよ。

きっと幻想的だろうなぁ~。

写真のようにね。




c0018051_23152244.jpg











( ※ 写真は、奥田元宋・小由女美術館サイトより )
[PR]
by tano4sou | 2012-06-21 23:41 | 展覧会見学・展覧会案内
<< 温故知新じゃないけど、旧いもの... 自分が気に入る作品、人が認めて... >>