野峯窯は、新緑に包まれてた。

今日、久し振りに野峯窯にお邪魔しました。

春にお伺いしてから少し経っただけでしたが、今はもうすっかり樹木が生い茂ってました。

初夏から夏にかけての今の時期は、一年でも一番イイ季節じゃないかなと、
個人的には思います。

それに今日は、梅雨の合間、天気にも恵まれ、気分のよい時を過ごせましたよ。


お邪魔して最初に目についたのは、この花器。

c0018051_23354345.jpg

その造形といい、焼きの色合いといい、そこに樹木の葉が入ってきてさらに、
良さがよりアップして感じられましたね。

生き生きとしたお花や樹木を活けたりしてるからかもしれませんが、今日は、
すごく花器にひきつけられました。


ちょっと遊んで、普通とは違うアングルでも撮ってみました。

c0018051_233655100.jpg
c0018051_2337227.jpg


それから、こんな写真も撮れたんで、載せますね。

c0018051_23373787.jpg
c0018051_23374583.jpg


作品が良いのは言うまでもありませんが、野峯窯の最大のウリは、何といっても
“ロケーション” だと思っています。
ここの場所ですね。

公道から野峯窯に入るには、緑のトンネルを抜けて行くんですよ。

c0018051_23381875.jpg
c0018051_23384549.jpg


道の左側を道路に供出するまでは、鬱蒼とするぐらい樹木が茂っていたので、
まるで別世界に抜けていくような感覚でした。

でも、こんなトンネルを抜けて行くなんて、そうはないですよ。

さっきの写真を見て、この先に窯元さんがあるなんて、想像できます?。



c0018051_23385662.jpg

[PR]
by tano4sou | 2012-06-26 23:56 | 展覧会見学・展覧会案内
<< 白磁の焼き物。香炉かな(?)。 豆皿・小皿の雑誌を見つけたよ。 >>