赤枝郁郎さんの泥仏人形さん。


先日お邪魔させていただいたお宅で、赤枝郁郎さんの泥仏人形さんに、
出合いました。

赤枝郁郎さんは、元々はお医者さんであり、“寂照”の名をもつお坊さんでもあり、
そして、「寂照庵」と云われる工房で、泥仏人形やお地蔵さんを制作されてました。

経歴からすれば、フツウの陶芸家さんではないですね。
(まぁ、陶芸家さん自体、フツウではないとも云えますが。)

しかし、一昨年の10月に亡くなられたとのことで、非常に残残念なことです。


ではまず、最初の作品がこちら。

c0018051_23313199.jpg
c0018051_23314825.jpg


続いて、次の作品。

c0018051_2332697.jpg
c0018051_23322621.jpg


どちらもとっても小さい作品ですから、思わず“カワイイ”と云いたくなるかも。

陶芸の技術的に、どうこういうようなモノではないですけども、
何より人形やお地蔵さんの表情が良いですねぇ。

どこか穏やかで、やさしくて、ほっとして。

また、すこぉ~し上から覗き込むようにすると、目が合っちゃたりしてね。

ちゃんと見守られてるようで、癒されますよ。
[PR]
by tano4sou | 2012-06-29 23:48 | ミニミニ・ちっちゃいもの
<< 陶でできた、ザラザラ「ボトル」。 羽がついてる脚がついてる、枠に... >>