陶でできた、ザラザラ「ボトル」。


ボトルと云えば、普通はガラスが多いよね。
他にも、ポリ塩化なんちゃらとか、まぁ素材は様々あるようですが。


先日見たのは、“陶”でできたボトルでした。

本当は、一輪挿しのような花器かもしれないが、栓まで作ってあったので、
ボトルかなぁと。

作られた方も、ずいぶん前に作られたものなので、ハッキリしないなぁと
おっしゃられてましたよね。

見た人が判断してもらえればね。

c0018051_2385454.jpg


ちなみに「ボトル」という言葉は、口の細い瓶を指す(傾向が強い)らしいです。
なので今回の作品は、ボトルと言っても差し支えないようですね。

そういう形状よりも何よりも、質感が面白いですね。

ガラスの、ツルツル、キュッキュッした感じは全くない、
ザラザラゴツゴツした質感。

形はボトルなんだけど、違うモノにも見えてくるから不思議。

c0018051_23213163.jpg
c0018051_23214611.jpg


何でもそうだけど、漠然と抱いてるイメージを覆されると、 ドキッとするし、
魅力的に映るよね。
[PR]
by tano4sou | 2012-06-30 23:28 | 趣味のやきもの
<< 作陶のヒントは、陶芸・焼き物の... 赤枝郁郎さんの泥仏人形さん。 >>