白くて透きとおったお皿は、涼しさ満点!。( その続き )


昨日は、花びらのお皿(ガラス)を紹介しました。

今日も、昨日のお皿の続きです。
同じテイストの丸いお皿。

これが、(その続き)の理由の一つ。

そのお皿は、こちら。

c0018051_13265713.jpg


テイストが殆ど同じですから、同じ作者の方が作られてるんでしょうね。

一箇所あるプチ切れ目がワンポイントで、かなりカワイサアップに
繋がってますよね。

こんな定番の料理も、サマになっちゃいます。

c0018051_13271461.jpg
c0018051_1335430.jpg


で、もう一つの(その続き)の理由は、昨日の記事の続きがあるということ。

昨日、テーブルに着いた時に、実は目に入る離れたところに、
例の“花びら皿”が置いてあったんですね。

私がどういう反応をするかなと、みるためでした。

それは、他人はどう思うんだろうかと知りたかったんでしょうね。
大変気に入って買われたものですから。


結果はこうしてブログにも書いてる通りですから、ちゃんとね、
私なりの感想はお伝えしましたよ。

まぁ無事、試験に合格という感じでしょうかね。

余計なすれ違いを生じさせなくて、良かったです。
[PR]
by tano4sou | 2012-07-03 21:24 | 作陶のアイデア・ヒント
<< 土壁と備前焼の花器。 白くて透きとおったお皿は、涼し... >>