これは、カレー皿かな。それとも、パスタ皿?。


今日のお皿は、めっちゃイイ感じだったすよ。
ある作家さんの、若い時に作られたお皿だそうです。

約30㎝くらい (定かではないです。思い出してみると。) の、楕円形のお皿で、
カレーとかパスタとか盛り付けたら、サマになりそうな器でした。

形はそんなに奇抜なものではなく、オーソドックスなもので、器の中面は
オフホワイトの色合いで絵が描かれています。

周囲には真っ黒い縁取りがあり、手にしっくりと馴染み、持ちやすい形となってました。

では、どこがイイ感じだったのかというとですね、ココなんですね。

c0018051_2134854.jpg
c0018051_21364882.jpg
c0018051_21365717.jpg

えっ、意外でしたぁ?。
子供が描いたような絵に見えました?。

最初にこのお皿を見た時、この絵が目に飛び込んできましたね。

インパクトありましたよ。
絵が幼稚とか、下手な感じとかは一切なかったです。

「スゴイなぁ。イイなぁ。」 っていう思いしかなかったですね。

絵は中面だけではなくて、外にも続いてるんですよ。
つまりそこまで、描きこんでいかないとダメなんですよね。

c0018051_21351249.jpg
c0018051_21464893.jpg


やっぱ、この器は実際に見てもらったらね、結構オモシロイと思うんですよ。

といっても、見れないですか。
スイマセンでした。
[PR]
by tano4sou | 2012-07-11 21:47 | 出会った作家作品
<< ゲルニカの絵がありましたよ。 シンプルで、自然体の飯茶碗。 >>