ゲルニカの絵がありましたよ。


よくお邪魔させてもらうお宅の工房(陶芸の)というか、陶芸部屋で
珍しいモノを見つけました。

これがその撮影した写真ですので、ご覧ください。

c0018051_2302116.jpg

いつもの陶芸作品じゃないんで、ちょっとガッカリしましたぁ?。

だけど、わかる人は分かりますよね。
あの、ピカソが描いた「ゲルニカ」です。

当然、本物じゃないですよ。

本物の絵を撮影して、プリントしたものです。


この「ゲルニカ」は、1937年のスペイン内戦中に描かれた、
縦3.5m×横7.8mのサイズの大きさ。
色付けはされてなく、モノクロで描かれている。
反戦のシンボルとも云われた絵です。

先程の「ゲルニカ」の簡単な説明は、ネットで調べた情報ですし、
本か何かで『見たことはあります。』といった程度の認識。

全く、詳しい訳ではありません。


でもそんな事よりも、写真であっても「ゲルニカ」の絵が、
陶芸部屋にあるってことが、スゴクないですか?。

陶芸・焼き物というモノは、様々な要素が盛り込まれたものですから、
違うジャンルに興味を持ったり、触れたり、嗜んだりすることは、
とても大事なことなんじゃないかなぁと、思ってます。

何でもいいですから、異ジャンルの作品を置いてみましょうよ。

今までと違う雰囲気で作陶作りに、励めるかもしれませんよ。

「 レッツ チャレンジ 。」 ですね。
[PR]
by tano4sou | 2012-07-12 23:11 | 雑感
<< なかなか面白いんじゃない、この... これは、カレー皿かな。それとも... >>