くっきり、ハッキリ。 “掻き落とし” のお皿。


“掻き落とし”のお皿が、今日も登場しました。

以前、ブログ<やきもの見聞録>で紹介したこともあり、ほぼ同じ様な
テイストのお皿ですが、いつみても面白いです。

元々は、谷川晃一さんの絵を参考に描き始めたらしいです。

でも今回の作品はもう、絵の中のそれぞれの模様や図形やイラストは
作者の感性で描かれていますよね。

だから、その作者の世界観が表現されてるんですね。

模様や図形などをそのまま真似してもこうはいきません。

それに、面白くもないですからね。

c0018051_2311335.jpg
c0018051_2312849.jpg

今度の“描き落とし”皿の特徴、というか良い点は、掻き落とした線・ラインが
はっきり、くっきりしたこと。

線を太くしたり、繰り返して削ったりしたのが、奏功したようですね。

また焼成もうまくいった感じです。

透明釉も光沢は抑えられながらもある程度の透明感はあり、ベースの生地の黒色も
引き立っています。

それが、くっきり、ハッキリした印象を与えたんだと思えます。

c0018051_2315526.jpg


それでも、こういう絵を思う存分描けるのって、実に楽しいですね。

私は描いてないので、本当は「楽しそうですね」というのが、正しいんだろうけども、
見てるだけでも、楽しくなってきます。

思わず、巻き込まれますね。


c0018051_2321211.jpg

[PR]
by tano4sou | 2012-07-15 23:13 | 趣味のやきもの
<< 陶工房Ashwork さんは、... 「小皿、豆皿は面白い!」って、... >>