掛花入れではないです。鉢ごとですから。


今日、面白いモノを見ました。

お花を植えるのには、鉢が使われます。
細長い形や丸い形や色々な形があり、玄関脇とか庭に置かれていますよね。

鉢ごと上から吊るしてる場合もありますが、壁に平行に吊るしてあったら、
どうでしょう。

うまく言葉で説明できないので、見ていただきましょう。
こういうことです。

c0018051_7174061.jpg
c0018051_718350.jpg
c0018051_7175892.jpg


そうそう、壁に平行。地面に垂直、という関係です。
 
土が落ちてこないように花や植物がしっかりと根を張っていないダメだし、
その種類も限られるかもしれませんよね。

でも、吊るしているだけだったら、鉢の側面ばかりが目に入ってきます。

それが、こうすることで解消されます。

普通だったら“鉢は地面に置く”という常識をも覆しているのが、
良いですよね。

昨日の「草盤」といい、アイデア次第で、メッチャ楽しめますね。
[PR]
by tano4sou | 2012-07-25 22:58 | 作陶のアイデア・ヒント
<< 今日のやきものは、“掛花入れ”... お待ちかね、「苔玉じゃないよ、... >>