一の瀬焼・丸田窯さんを訪れました。


上野焼、小石原焼の窯場を訪れた後に、大分県の日田市に一泊。

宿泊した旅館の従業員の方から、「この近くに焼き物をやってる所がありますよ。」
と、教えてもらったんです。

車で15~20分ぐらいの場所だというし、今日は小鹿田焼に行くだけだったので、
「じゃぁ行ってみよう。」という事に、なりました。


お邪魔したのは、福岡県うきは市にある一の瀬焼の丸田窯さん。

丸田窯さんの最大の特徴は、塩釉の焼き物をやられていること、でした。

今年の春訪問した、山口県光市の岩屋快山窯さんの焼き物も塩釉でしたし、
珍しい塩釉の焼き物がまた見学できたので、俄然親しみが湧いてきましたね。


塩釉以外の釉薬の作品もありましたし、以前はスタイリッシュな作品も
手掛けられていたようです。

作品の一部を撮影させていただきましたので、紹介します。

c0018051_22401375.jpg
c0018051_22402053.jpg

c0018051_2241276.jpg

c0018051_23102951.jpg

c0018051_22411329.jpg

c0018051_2316156.jpg


そしてお土産には、ロクロ目が残り、オフホワイトのような色合いの小皿を
買って帰りました。

c0018051_22414663.jpg
c0018051_22415362.jpg


お恥ずかしい話ですけど、一の瀬焼という窯場の事をこの時初めて知ったんです。
現在、6軒の窯元さんが活動されてるのに、知らなかったんですよね。

ホント、勉強不足ですよね。

でも、新しく窯元を知ることができたのは、とても良かったです。

珍しい塩釉の焼き物をやられてるし、スタイリッシュな造形も作られるしで、
丸田窯さんはとても魅力的な窯元に映りましたね。

今回はゆっくりできなかったのですが、次はじっくりと訪れたいと思いますね。


塩釉の作品は、こちらのサイトに掲載されていますので、ご覧になられては
いかがでしょう。

<一の瀬焼・丸田窯>さん
http://www.yokamon.jp/shop/Y288/S2880006
[PR]
by tano4sou | 2012-07-31 23:24 | 出会った作家作品
<< 民陶の里・小鹿田焼を訪ねました。 「小石原焼に行ってきたよぉ~。... >>