クレイスタジオゲン・三宅玄祐さんの陶展案内。


まだ夏真っ盛りですが、もうアートの世界では秋の装いですね。

クレイスタジオゲンの三宅玄祐さんが、9月の終わりから10月初めにかけて、
神戸で個展を開催されます。、

c0018051_23185386.jpg

個展のタイトルは、「 Boundary line (境界線) 」 。

タイトルコピーは、次のように。
「 起こりうる全ての事象に存在する境界線 過去と未来をつなぐ境界線が今であるように 」

三宅さんの個展のタイトルは、同じ様な感じが多いですね。

写真も、使いまわし?って思える様な印象ですし、ややもすると、
ちょっと楽してるのかとさえ思えるほどです。


でもこのDMをいただいた時に、ふと気がつきました。

楽をしているとかそう言うんじゃなくて、
普遍的なテーマに取り組んでいるからこそだ と、
初めて気がついたんですよ。

“今”という一瞬、一瞬を切り口として、表現している訳ですからね。

なので、タイトルとか写真などは同じ様なモノでも、同じ様な印象を与えたとしても
全然構わないんですよね。

今まで、理解していませんで、失礼しました。


神戸、大阪、京都などにお出かけになられる方は、足を延ばされてはいかがでしょう。

下記に陶展の情報を掲載しておきます。


「 Boundary line (境界線) 」 ……… 三宅玄祐 陶展

◆2012年9月29日(土)~10月 4日(木)
 午前11:00~午後7:00(最終日~午後4:00)
 「TORGALLERY 1」 ( トアギャラリー )
 (神戸市中央区北長狭通3-12-13)
 TEL 078-334-0531
 http://tor-gallery.com
[PR]
by tano4sou | 2012-08-02 23:46 | 展覧会見学・展覧会案内
<< お魚の絵があしらわれた、掻き落... 民陶の里・小鹿田焼を訪ねました。 >>