「岡部嶺男展」 良かったなぁ~。


丹波立杭にある「兵庫陶芸美術館」で「岡部嶺男展」を、見てきました。

「メッチャ、良かったですよぉ~。」

といっても、最近の話ではなくて、4年半くらい前の事ですけどもね。

その当時のチラシが出てきたので“思い出”に、ちょっとふけっておりました。

c0018051_23561355.jpg
c0018051_23563210.jpg


この展覧会は、すごく感動を受けた展覧会でしたからね、
今でもあの時の印象は忘れられないですね。

展覧会に行くまではほとんど知らなかった作家「岡部嶺男」さんでしたが、
この時以来、大好きになった陶芸家さんです。

それは今でも変わらないです。

一般的には、「青瓷」の作品が超有名ですが、私は初期の作品、
縄文を刻みつけた織部や灰釉の作品が好きなんですよ。

最初に、美術館で見た時に、衝撃を受けましたからね。
とてつもないエネルギーを感じましたよね。


それに、この「兵庫陶芸美術館」がまた良いんですよ。

陳列ケースは壁に沿ってあるのが普通なんですけども、この美術館は、
島(アイランド)ケースでの陳列が割と多いんですよね。

なので、作品は360度いろんな角度から見ることができるんで、
その迫力といったら凄かったですね。


また、そんな展覧会に行ってみたいなぁと、チラシを見て
思った次第です。
[PR]
by tano4sou | 2012-08-14 23:56 | 展覧会見学・展覧会案内
<< もはや“盛り付け”と云えるかも... 新しい名前を募集しています。 >>