知らない方の為に紹介します。 「芯出し機」です。


今日お邪魔した工房で見かけたので、ちょっと写真を載せます。

それは、「芯出し機」。

知ってる人にとっては何ら珍しくもない道具ですが、
ひょっと知らない方もいるかもしれないので。

といっても、まぁ いないかなぁ~。

c0018051_23144558.jpg


この芯出し機という道具は、文字通り、“芯”を出すものですね。

“芯”というのは、「中心」の事です。

この中心が出ていないとキレイな同心円ができないので、ロクロひきを行う場合には、
最初は徹底的にやらされますよね。

その中心を簡単に出すことができるのが、「芯出し機」なんですね。

粘土を成形して、その後ある程度乾燥したら、高台を削れますので、その際には、
特に「芯出し機」が重宝しますよね。


円盤を廻すと、写真の青いアタッチメントが動いて、中心に集まってきたり、
外へ広がったりします。

円盤を廻すだけで“芯が出る”んですから、便利なもんですよ。

ちなみに、この「芯出し機」はアメリカ製。

日本だと、時間をかけて身につけなさい、というスタンスですけども、
パソコンといい、「芯出し機」といい、アメリカは誰でも簡単に使えるようなモノを
作りますよね。


つまり、「どこに重点を置いてるか」ということなんでしょうね。
[PR]
by tano4sou | 2012-08-16 23:20 | 道具・材料は大事
<< 真似されることは、良いことなんだ!。 もはや“盛り付け”と云えるかも... >>