窯焚きに向けて、シーサーが勢揃い。


<やきもの見聞録>ブログでお馴染みのシーサー。

「見てみてっ」という声に誘われて覗いたら、“あら~”
箱の中にいっぱいいるじゃないですか。

整列してましたよ。
こんな風に。

c0018051_2249266.jpg


よく見かける感じのシーサーですかね。

そんなにオリジナリティに溢れてる訳ではないけども、それが逆に安心感を
与えてるかもしれないですね。

もうちょっと表情もわかった方がいいでしょ。

それでは、アップの写真を。

c0018051_2255342.jpg
c0018051_22495957.jpg
c0018051_22501115.jpg


こういうモノって、「上手下手」を気にするより、どんだけ楽しめてるか、
ってことが重要だと思う。

だから、楽しそうな雰囲気は十分感じるから、これでいいんじゃないかな。

沖縄土産のシーサーに似てたって、いいじゃない!。

「作る」という行為、作業自体が楽しければ、いい訳だから。



シーサーが納められた箱の横には、焼き上がったシーサーがありましたよ。

ひょっとして、こんな感じに焼き上がるんでしょうか?。


c0018051_2302113.jpg

[PR]
by tano4sou | 2012-08-27 23:01 | 趣味のやきもの
<< 染付された、ラウンド形状のやきもの。 黒い斑点のお皿が焼き上がりました。 >>