染付された、ラウンド形状のやきもの。



飾りや盛り付けにも使えるスクエアプレートを、ここのところ案内してきました。

今日は、“スクエア”ではなくて、“ラウンド”してるモノです。


c0018051_232211.jpg
c0018051_232279.jpg



フラットな面に描くのも大変だと思うんですけど、少しカーブした局面に描くのって、
かなり大変なのではと思ってしまいますよねぇ~。

もちろん成形することも同じように、大変だとは思いますけどもね。


ところで、コレって何だと思います?。
何に使うものか想像できますか?。

中には写真をよく見てたら気付いた方もいらっしゃるかもしれませんね。

こうすれば、イメージしやすいかもです。


c0018051_2322534.jpg
c0018051_23225891.jpg


ねっ、分かりますよね。
何かをカバーしてますよね。

そうです、灯りを点けたり消したりするスイッチの上に被せるカバーなんですね。


部屋の隅にスイッチがあるのは、ごくごく自然なことですけど、
そこをちょっと隠すというね、こだわりですね。

大袈裟にしてなくて、ちょっと被せることで部屋の雰囲気がよくなるから、
良いアイデアです。

この“ちょっとした”差が、好きですね。


この作品も、みなさん想像の通り、木村知子さんの作品です。
[PR]
by tano4sou | 2012-08-28 23:33 | 作陶のアイデア・ヒント
<< 民芸っぽい匂いがしますね、この... 窯焚きに向けて、シーサーが勢揃い。 >>