花のように、口が大きく開いたマグカップ。


「いつ買ったかな?」というくらい、昔に手に入れたマグカップ。

知り合いの作家さんから紹介された、確か金沢市周辺に在住の作家さんの個展を
見に行った際に、購入したものですね。

そのマグカップが、コレです。


c0018051_1851986.jpg


やはり、口が大きく開いた、このカタチが印象的でした。

それに、ブツブツ細かい斑点が全体に出てる釉調も目を引きましたよね。


c0018051_18574353.jpg
c0018051_18581530.jpg


その頃はとかく、変わったカタチのものや変わった焼き上がりのモノに
興味があったんですよね。

購入した当時は、よく使ってました。
毎日毎日ね。

今は、その後に色々購入しましたので、毎日使うと言った事はありませんけども、
それでもたまには使ってますよ。


マグカップにしろ器にしろ、使う頻度は落ちても使ってあげるというのは、
大事なことですよね。

これもある種の “縁” ですから。


c0018051_1858032.jpg

[PR]
by tano4sou | 2012-08-31 21:46 | 出会った作家作品
<< 漢詩 『適(たの)しみを書(し... まだまだ蚊取り線香が、離せない!。 >>