昔の個展はエネルギッシュだったんだぁ~。


撮影した写真を見返してたら、懐かしい写真が出てきました。

クレイスタジオゲンの三宅玄祐さんの個展での会場写真が見つかりました。

2005年くらいだったでしょうかね、かなり前のものですが、
では、一気に紹介いたしましょう。


c0018051_23294892.jpg
c0018051_2383782.jpg
c0018051_23272118.jpg
c0018051_23305123.jpg
c0018051_2383181.jpg
c0018051_2391893.jpg
c0018051_2393945.jpg
c0018051_2391680.jpg
c0018051_2310381.jpg



その時の個展は、草月流の師範の方が花や枝を花器に活けらました。

かなり独創的な花器が多く、それに負けまいとするパワーに満ちていたので、
非常に面白い展示になったような気がします。

当然、花器を作る作家さんもパワーが必要だっただろうし、陳列・展示してる際には、
火花が散ってたんでしょうね。


最近の作品ももちろん良いですが、昔の作品もエネルギッシュで、
面白いですよねぇ。

再認識しました。



c0018051_23353641.jpg

[PR]
by tano4sou | 2012-09-02 23:36 | 展覧会見学・展覧会案内
<< 食器・花器じゃなくても、個展を... 漢詩 『適(たの)しみを書(し... >>