絵付けされ、文字入れされた陶板。


陶芸・焼き物と云えばやはり、食器や花器などの「器」類が定番。

食べ物を入れたり、食材を蓄えたり保管したり。
また、花を入れたり、といった用途として使われることからすれば、
当然と云えば当然のこと。

器以外のモノとして、登場頻度としてはやや少ないですが、
「陶板」と云うのもあります。

今日は、その「陶板」の出番です。


c0018051_2239410.jpg


何やら絵とか文字が書かれてたり、楽しそうじゃないですか。

ベースの白地もラフなな感じで塗られてるし、その雰囲気に合せた
絵柄や文字のようで、うまくマッチしてますよね。

聞くところによると、最初にある方が絵を描き、残りのスペースに別の人が
文字を書き込んだんだとか。

二人の共同作業、合作ですね。

自分達で楽しんで陶芸をされてるんでしたら、こういった作り方も、
「アリ!」なんでしょうね。

二人だと、より面白い発想が出てくるのかも、ね。
[PR]
by tano4sou | 2012-09-07 22:43 | 趣味のやきもの
<< 伝統的な色合いのカラフルな、マ... “ 6人兄弟 ”じゃなかった、... >>