器は使いよう。アタマも、使いよう。



この写真、覚えてらっしゃいますか?。


c0018051_2053364.jpg


「写真は覚えてないけど、飛びカンナの器じゃない。」
「小鹿田焼でしょ!。」

そういう声も聞こえてきそうですね。

まぁ、それはいいとして、この焼き物はすり鉢として売られてましたから、
ゴマを擂ったり、和えものを作ったりされてます。

でもね、それ以外の用途に使っても良いんですよね。

例えばこんな感じにね。


c0018051_2118377.jpg
c0018051_2118469.jpg


全く、普通の器と変わらないでしょう。
ちょっと深い鉢、という感じですかな。

当然ね、ちゃんとした、正式な使い方ではないですけれども、持ち主の方としては
「すり鉢の色が良いので使ってる。」と、仰られてましたね。

なんで、こういう使い道もOKですよね。

気にいった器は自由に使っていいんだから。

その方が器自体だって、ウレシイはずなんじゃないかな。
そう思いますけどね。


ちなみにこの料理は、「ニラと卵の炒め物」。

美味しそうでしょ。
[PR]
by tano4sou | 2012-09-10 21:13 | 盛り付け
<< 水分の抜き方が絶妙な、鬼瓦。 案外、制作中の作品はオモシロイ!。 >>