だらしない姿の猫も、作ってみよう。


陶芸をされてる方の工房をお邪魔した時のスナップ写真。

一瞬、あっけにとられそうになりました。



c0018051_22402124.jpg


手びねりで作ったようには見えないので、多分型で作ったんではないですかね。
色付けも転写して焼きつけたのかもしれないです。
( ※ 右側のものは、そうでないかも。判断が分かれるところですね。 )

いずれにしても大量生産の焼き物で、いわゆる土産物と呼ばれる
ものじゃないでしょうか。


まぁ、それはどちらでもいいとして。

要は、この猫のカッコですよ。

可愛い顔はしてるんですけど、どこかだらしなさそうでね、
中年のおじさん臭さが入ってるような感じですね。

ユーモラスなんだけど、だらしなくて、しかも可愛い。

“ダラカワ”と言うんでしょうか。


普通は招き猫を模したり、もっと可愛い表情、スタイルのネコを作られると
思うんですけど、こんな姿の猫を作るのも有りかな、と思います。

猫に限らず、動物でもお人形さんでも、一般的なイメージの、全く真逆の表情の
焼き物を作ってみるのも面白いかもしれないですね。

すごいブレイク・スル―になるでしょうし、オモシロイ発見ができるかも。

それに、スゴク上達したりして、 ねっ。




c0018051_2252184.jpg

[PR]
by tano4sou | 2012-09-13 23:04 | 作陶のアイデア・ヒント
<< シェイプアップされたダルマさん... 灰釉のかかった、ワイルドな小鉢。 >>