「兵庫陶芸美術館」に、行ってきました。

先日の晴れ渡った日に、兵庫県篠山市今田町にある
「兵庫陶芸美術館」に行ってきました。

今までも何回か訪問してる美術館ですが、今回は、「中国陶磁名品展」と
「三原研の炻器」を見学する為に伺いました。


まず、「中国陶磁名品展」から見学。


c0018051_23572494.jpg


個人的には、器とかの焼き物全体に絵付けをしてるものは、そんなに好きでは
なかったんで、「中国陶磁名品展」はあまり期待してなかったんですよ、実はね。

でもね、実際見ると、やはりいいですね。
造形にしろ、絵付けにしろ。

あれだけちょっと敬遠していた全面の絵付けが、全くくどくなくて、
スッキリよく見えましたね。

それに、あんな昔からクォリティの高い作品が作られていたというのが、スゴイですね。
ホント、びっくりしました。


それから、「三原研の炻器」展。


c0018051_23574265.jpg


三原研さんは、島根県在住の陶芸家で以前一度だけお会いさせていただいた事が
あったので、行く前から期待してました。

以前から炻器を作られているのは知ってはいましたが、今回のように一堂にたくさんの作品を
見るのは初めてでした。

ですが、観た感想は「スゴかった!。」ですね。
魅力的な作品が多くて“期待通り”、イヤそれ以上でしたね。

しかし、どのようにしてああいうカタチが思いつくんでしょうかね。

どう云う思いで作られているのか、ホント、聞いてみたくなりますね。


この「兵庫陶芸美術館」は、丹波立杭にある美術館ですから、
もはや、焼き物専用の美術館と云っていいんじゃないでしょうか。

それに、作品をぐるり360度見ることができる、「アイランド陳列」が割と多いと
いうのも、その理由の一つになるかもしれませんね。

なんで、私もこの美術館、好きなんです。

これからも、度々訪れることでしょうね。



c0018051_23581990.jpg

[PR]
by tano4sou | 2012-09-27 23:59 | 展覧会見学・展覧会案内
<< 「土偶・コスモス展」、ただいま... 木村知子さんの個展開催。 >>