「土偶・コスモス展」、ただいま開催中。


朝晩はちょっと涼しく感じる時もありますが、全般的にはしのぎやすく、
時候のいい季節となりました。

すると、いろいろな所に出かけていきたくなるものです。

秋は、展覧会・個展・陶器まつりなどなど、目白押しですから、無理もありませんよね。

いろんな展覧会等の中でも、この展覧会は面白いんじゃないかなと
思えるモノがありました。

ミホ・ミュージアムで開かれている 「土偶・コスモス展」

c0018051_23305959.jpg
c0018051_23311296.jpg


土偶と云うのは、簡単にいえば、土で作られたお人形。
多くは女性を模したモノが多いですが、いろんな形があり、安産の祈願や豊作祈願、
祭祀・儀礼、呪術、副葬品などさまざまな用途に使われていたと云われてますが
実際のところは分かっていないのだそうです。

抽象的に表現されているものが多いので、そういう解釈になるんでしょうね。

でも何と云っても、その最大の魅力は、造形の美しさですよね。
見る人を魅了してやまないものがありますものね。


この「土偶・コスモス展」は、北海道から九州まで全国約120カ所の遺跡から出土した
土偶約220点(会期中展示替えあり。土器や装身具などを含めると約320点)を展示している。

また11月30日~12月9日は、「縄文のビーナス」「中空土偶」「合掌土偶」の
国宝3点が揃うので、会期末は特に、見ごたえがあります。

信楽方面に行かれる際には、是非立ち寄りたいものですね。


ミホ・ミュージアム 秋季特別展「土偶・コスモス」展

[期間] 平成24年9月1日(土)~12月9日(日)
[開館] 10:00~17:00(ただし入館は16時まで)
[休館日] 月曜日(ただし10/8は開館、10/9は休館)
[会場] ミホ・ミュージアム
     滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300 TEL:0748-82-3411


そして、「土偶・コスモス展」のテレビ放映もありますので、お知らせいたします。

NHK教育テレビ<日曜美術館>『 土偶~1万年前のアート誕生~ 』
10月14日(日)午前9:00~9:45
(再放送 10月21日(日)20:00~20:45 )


もうひとつ、毎日新聞の「土偶・コスモス展」記事も分かり易いので、
ご覧なっておくとより理解が深まりますよ。
毎日新聞(2012年9月19日大阪版夕刊)記事「創造のるつぼ」
[PR]
by tano4sou | 2012-09-28 23:56 | 展覧会見学・展覧会案内
<< 鯉の滝登りの絵皿。 「兵庫陶芸美術館」に、行ってき... >>