いつもの抹茶碗とは違う、“安喰ひろ“さんの作品。



秋というのは、個展や展覧会が目白押し。
ご多分に盛れず私も出かけて行きました。

ギャラリーのオーナーさんより案内DMをいただいてたので、
展覧会を覗く前に、しばし歓談。

そしたら、会話の中で“安喰ひろ”さんの名前が出てきたんですよ。

「今年は何回かお会いして、話をしたんですよ。」という事をしゃべったら、
オーナーさんが『安喰ひろさんの作品を持ってるよ。』って、教えてくれました。 

まさに、『 あるよっ!。』って、ことですよね。

いつもとは違う、安喰ひろさんの作品をご覧あれ。


c0018051_23233036.jpg
c0018051_23235093.jpg
c0018051_23234691.jpg


どうです?
オモシロイッすね。

聞くところによると、15年から20年くらい前に(定かではないですが‥‥)
個展を見に行った際に買われたものらしいです。

今は抹茶碗をメインに作られてる安喰ひろさんですけど、こういう作品も
作られていたんですよね。

カップだけをみれば、鈴木五郎さんと見紛うような出来上がり。

絵柄、色合い、取っ手等のパーツ、そして全体のフォルム。
どれをとっても、面白いですよねぇ~。

抹茶碗とは似ても似つかない作品です。


もう一点、花入れもありました。

色合いや絵柄はシンプルですが、やはり造形は他とはひと味違います。

オーナーさんは花入れと云ってましたけど、注ぎ口もあるから、ひょっとしたら
ピッチャーになるかもしれませんよね。


c0018051_23241657.jpg
c0018051_23241534.jpg
c0018051_23243840.jpg


久し振りにココロを動かされる作品に出合いました。
昔の作品でしたけど、オモシロイものは面白いですね。

心が、魂が、呆けないように、たまには、刺激を受けないといけませんね。
[PR]
by tano4sou | 2012-10-11 23:26 | 出会った作家作品
<< 「陶芸雑誌じゃなきゃ役に立たな... 最近届いた個展DMについて感じ... >>