鼠志野と織部を彷彿とさせる小皿。


久々の、小皿の紹介です。

個人的には、アバンギャルドでインパクトのある作品が、どちらかと云うと
好きなんです。
装飾を施したモノよりかは、造形的に面白いモノがイイので、
そういった作品を好んで捜してるんです。

もちろん自分の好みはあるんですが、こう云う作品もまた毛色が変わって
良いですねぇ~。

まず、鼠志野を思い出させるようなこの小皿から。

c0018051_20463032.jpg
c0018051_20362526.jpg
c0018051_20362712.jpg


これと云った、インパクトはありません。
鼠志野と云われれば、「そうかな。」と思える代物です。
ですが、インパクトの無さが返って、良さを引き出してるように思えますね。

ホント、優しい感じで、イイ雰囲気を持っています。
派手さはないですが、実に味わい深い作品です。


もう一点は、この小皿。

c0018051_20365963.jpg
c0018051_2037158.jpg
c0018051_20371290.jpg


先程の小皿と同じように草花をさり気なく施しています。

それから、織部釉だと思うんですが、ワンポイント的に塗られて、
全体の印象を引き締めてますよね。

こういう作品を目の前にすると、言葉はあんまし出てこないですよね。
「いいなぁ~。」というぐらいしか。
気持ちは、“ホッと”しますよね。

特別な技術をひけらかしてる訳でもなく、珍しい釉薬や材料を使ってる訳でも
ないのですが、実に味わい深く、人の心を揺さぶりますね。

テクニックとか技術とか、そういう上辺のモノではなく、目に見えない思いとか
姿勢などが大きく影響してるのかなと思えます。

公募展の賞に入る、入らないで、とかく線引きをしてしまいがちですが、
「イイものは誰が見てもイイ!。」と言えますね。


やっぱ、作り手が違うと作品も、こうも変わりますよね。

“何をつくるか”というよりも、“誰が作ってるか”ということが、
とても肝心ですよね。
[PR]
by tano4sou | 2012-10-18 20:46 | 出会った作家作品
<< 「アイデア出し」のヒントになり... 美濃で手に入れた片口 。 >>