大輪の花が咲いてます。


上絵付けの大皿。

c0018051_23412667.jpg
c0018051_23413472.jpg


何の花、なんでしょうかねぇ~。
私、花とかは詳しくないので、よく分かりませんが、牡丹ですかねぇ~。

まぁそれはイイとして、大作ですね。

公募展に出品した別の作品が、残念ながら入選しなかったので、
また気を取り直して作り直したものらしいです。

公募展に出品された作品も一年間を通じて(いやもっと長いかも)、
描き続けていましたからね。
ホントに、地道に努力を積み重ねられていますよね。

公募展の結果が出た後もこうして、やり続けていくのは
大変でしょうが、とても大事なことだと思います。


やはり一定の技術を身につけるには、地道に繰り返す必要があります。

公募展の前だけに作って、出品した作品が仮に入賞しても
ご本人にとってはうれしいことでしょうけど、あまり意味がないですね。

入選する、入賞するというのは、その作品が良いというのは当然ですが、
それ以外にも、「今回だけではなく、これからもコンスタントに良い作品を
作れる力がある」ということでも、あるんです。


ですから、この大皿の作者のように、常に努力を怠らないことが
大事なんですよね。

これってなんか、自分に向けて言われてるみたいですねぇ~。
耳の痛い話です。

でも、しっかり見習わなきゃあ。
[PR]
by tano4sou | 2012-10-28 23:49 | 趣味のやきもの
<< 取っ手の位置が“ミソ”、蓋付き鍋。 野趣溢れる花器、焼き上がりました。 >>