ホウキに跨った魔女とカゴ。


製作途中の作品でしたが、面白そうだったので撮影しました。
まだまだ乾燥もできていないような状態ですし、カメ板等に乗ったままの
撮影とあいなりました。

まずは、ホウキに跨った“魔女”。

c0018051_23412225.jpg

逆光になってて、ちょっと見ずらいかな。
それでも、ホウキらしいものも見えるし、帽子も被ってるしで、
魔女っぽい感じはあるよね。
しかもバックにかぼちゃも見えるしね。

実際、どんな感じに焼き上がってくるかは分かりませんが、
楽しみではありますよね。


それから、編目のカゴ。
といっても、切れ目の入れ方で表現してる感じですから、
実際に編んではいないと思いますが。

c0018051_23571521.jpg

c0018051_23575027.jpg

よく円形や多角形のものに編目を施しているのは見るんですけど、
こういう平べったい形のものはあまり見てこなかったです。
折れたり潰れたりしたらダメですから、敬遠されそうな、
神経を使うような形態をしてますもんね。

このままで、もちろんいいんですけども、なんかこの空間の中に
何かを作ったりしたら、もっと面白くなりそうですね。

立体感がより出てきて、深みが出てこないですかね。
どんなもんでしょうか。
[PR]
by tano4sou | 2012-10-31 23:59 | 趣味のやきもの
<< 白磁の香炉がいっぱい。 陶芸・焼き物には、「書」の心得... >>