焼き物の陳列、見せ方で大変身。


今日も良い天気でまさに行楽日和。

各地で様々なイベントが行われてますが、各地の公民館でも、
公民館の各種講座で学んだことをお披露目する作品発表会、
「公民館まつり」「文化まつり」が開かれてます。

c0018051_2322314.jpg

箱庭というには、ちょっと大きいかなという感じですけど、苔の上に
ミニチュアの建物が点在していて、めっちゃオモシロかった。

端正な花器とか今の時節によくマッチしてる灯りなども、もちろん展示されて
いるんですが、個人的にはこういうの好きです。

まずアイデアがいいし、自分で考えてやってる感が
スゴク感じられる作品でしたから。

そこが何と言ってもイイです。
コピーじゃない、オリジナルってとこがね。

c0018051_2324477.jpg
c0018051_2323818.jpg
c0018051_233296.jpg


だから、陶芸や焼き物をただ単に置物にしたり、使ったりするんじゃなくて、
他のものと組み合わせて置いたり使ったりすることは、大事だと思います。

ある陶芸教室の先生も仰ってました。
「楽しんで陶芸をしましょう。楽しく作りましょう。」

そして、作ったものは 「楽しく使いましょう。」 と。

作るだけじゃなくて、使う事が大事。
気に入った作品ができても出来なくても。

ねぇ、この作品だとミニチュア建物を一堂に使ってますから、
存分に楽しんでるってことですね。
[PR]
by tano4sou | 2012-11-04 23:15 | 趣味のやきもの
<< P300の大作、『備中神楽』。 歌川広重VS日本昔ばなし。 >>