第59回日本伝統工芸展も、早や折り返し。

9月19日に、日本橋三越本店(東京会場)で始まった、『第59回日本伝統工芸展』
ですが、明日14日終了の仙台会場で、前半6会場が終わりとなります。

仙台会場以降では、岡山、松江と続き年内はこの2会場で終了。
年が明けて、高松、福岡、松山、そして3月17日終了の広島会場で、
『第59回日本伝統工芸展』は終わりとなります。

後半は西日本が中心となりますが、ほぼ、半年をかけて日本全国を廻るんですよね。
お住まいに近い会場で見ればそれでいいんですけども、もし見逃された方は、
まだまだ続いていますので、お出かけになられたらいいと思いますね。


では、直近の岡山会場と松江会場の日程等を下記に記しておきます。

c0018051_1903099.jpg

[岡山会場]
11月18日(木)~12月5日(日)
9時~17時(入館は16時30分まで)
 ※11月18日は10時開館・
   11月26日(金曜日)は、19時まで開館(入館は18時30分) 11月29日は休館日。
岡山県立美術館  http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/kenbi/
〒700-0814 岡山市北区天神町8-48 TEL.086-225-4800 



c0018051_1911146.png

[松江会場]
12月12日(水)~2012年12月25日(火)
10時~18時30分(入館は18時まで) ※会期中無休
島根県立美術館  http://www1.pref.shimane.lg.jp/contents/sam/
〒690-0049 島根県松江市袖師町1-5 TEL:0852-55-4700  


また出品作家さんによる展示作品解説もあるので、作家さんをチェックして
お出掛けといきましょう。
より深く作品を鑑賞できますよ。
[PR]
by tano4sou | 2012-11-13 19:13 | インフォメーション
<< 伊賀焼の小皿です。 縄文時代から、ビーナスがやって... >>