背高ノッポの茶香炉。


とある陶芸教室でのひとコマ。

工房内をざっと見渡すと、生徒さん達の製作中の作品やら
焼成が終わった作品などが棚の上にぎっしりと並んでいました。

すると、ありましたねぇ~、すぅっと目に飛び込んできた面白い作品が。

聞けば、“茶香炉”だとか。

まだ製作中のもでしたが、雰囲気は伝わるんじゃないかと思います。

こちらです、ご覧ください。

c0018051_20532885.jpg
c0018051_2053393.jpg


四角くて、上部がすぼまったカタチが、なんかオモシロイなと思えましてね。

後は、ロウソクなどを置く周りの切れ込みの柄とか天辺の茶葉を置く皿とか。
切れ込みからもれる灯りもまた楽しめるんでしょうね。

だから、一般的な“灯り”としても、十分通用しそうな感じですもんね。


やっぱ、オリジナルっぽい雰囲気がする作品は、
オモシロイような気がしますね。


c0018051_20564437.jpg

[PR]
by tano4sou | 2012-11-27 21:00 | 趣味のやきもの
<< 「屏風祭」と云うタイトルの本っ... この鉢って、唐草模様(?) 。 >>